収益マンション評価の最高裁判決から読む!
「税理士が把握すべき時価評価と路線価評価の違いとポイント」

相続では不動産が絡むことが多々あり、不動産の評価によっては相続税に大きな差が生まれることはご承知のとおりです。そのようななか、路線価などに基づいて算定した収益マンション評価についての訴訟が4月19日に最高裁で判決が下されました。この判決は、過剰な不動産評価に警鐘を鳴らすこととなり、専門家はより一層、相続対策における不動産評価を注意して行う必要があります。
そこで今回は、この最高裁判決の内容を鑑みながら「時価評価」と「路線価評価」とで、どれだけ差が出るかを検証し、どういったケースで時価評価が必要か、すなわち適正な評価をすることにより路線価評価との乖離がどれほど生じるかという内容で、不動産鑑定士の芳賀 則人氏にお話をして頂きます。

日 時2022年 7月14日( 木 )
PM 6:15 ~ 8:15
(開場 PM 6:00)
内 容収益マンション評価の最高裁判決から読む!
「税理士が把握すべき時価評価と路線価評価の違いとポイント」


<主な内容>
【1】4月19日最高裁判決の要点確認
【2】路線価の不条理を考える
【3】地価公示価格における収益価格の扱い
【4】時価と路線価評価の開差(裁定取引:アービトラージ)収益不動産を使った相続税対策
【5】時価評価と通達評価の相違点
【6】路線価利回りの提唱
【7】地積規模の大きな宅地の盲点   など
講 師株式会社東京アプレイザル 特別顧問 芳賀 則人氏 (不動産鑑定士)

定 員

会場受講: 80名(先着申込順) ※会場定員の1/2

WEBライブ受講: 100名(先着申込順) 【 申込期限:7月13日(水)】

オンデマンド受講: 定員無し( 配信期間:7月20日より1年間 )
※会員様がオンデマンド受講をされる場合は、別途 BACチャンネル へのお申込が必要です

受講料

■ ビジネス会計人クラブ会員 何名様でも無料

■ ビジネス会計人クラブ非会員 10,000円/お一人様
ご受講を希望される方は、問い合わせフォーム下部の「非会員様はこちら」に必要事項をご記入の上、送信ください。追ってご連絡差し上げます。
・研修名:第294回定例会

会 場エッサム神田ホール2号館 3階大会議室
住所:東京都千代田区内神田3-24-5
東京税理士会・東京地方税理士会・関東信越税理士会 認定研修申請中
対象:会場受講、WEBライブ受講、オンデマンド(録画)受講
お問合せ先ビジネス会計人クラブ事務局
TEL:03-6206-6640
URL:http://www.bac.gr.jp/contact-form

【会員参加申込フォーム】

    定例会 ※必須 会場希望WEBライブ希望
    人数 ※必須  
    ご参加者お名前 ※必須
    事務所 ※必須
    メールアドレス ※必須
    ※WEBライブの受講案内はご入力のアドレス宛にお送りいたします
    WEBライブ受講案内希望
    メールアドレス記入欄

    ※複数名の場合はこちらにご入力ください
    送信確認 上記送信内容を確認したらチェックを入れてください

    PAGE TOP